歯並びを整えるための矯正装置の種類

目立たない装置

乱れた歯並びを正常にするためには、専用の矯正装置を装着する必要があります。「矯正装置」というと、銀色の目立つ装置をイメージする方も多いかもしれません。しかし現在は、従来の矯正装置以外にも、目立たない装置も多く登場しています。

メタルブラケット

メタルブラケット

金属で作られている、もっともポピュラーな矯正装置です。メタルブラケットには頑丈で壊れにくいといった特徴があるほか、矯正期間が短めで済むというメリットがあります。ほとんどの症状に対して使用できる、比較的扱いやすい矯正装置と言えます。

セラミックブラケット

セラミックブラケット

セラミックを使用した矯正装置です。金属のブラケットには目立ちやすいというデメリットがありますが、セラミックブラケットは白色や透明、半透明で作られているため、あまり目立ちません。しかし金属製よりは耐久性が劣ることや、金属製よりも高価になりがちだというデメリットもあります。

リンガルブラケット

リンガルブラケット

歯の裏側(舌側)に取り付けるタイプの矯正装置です。歯の裏側に装着しますから、ほとんど目立たないのが特長です。ですが歯のコントロール力に限度があるため、治療期間が長くなってしまいます。また表側に取り付ける装置より高価になることや、人によっては口腔内に異物感を覚えるといったデメリットもあります。

  • ページの上部に戻る

MEAW法・GUMMETALワイヤー

1本1本の歯の隙間にループ状のワイヤーを挿入することで、すべての歯を同時に動かすことができる新しい矯正治療法です。治療期間の短縮が可能なほか、抜歯せずとも綺麗な咬み合わせを実現することができるというメリットがあります。

最近では、やわらかくしなやかで、なおかつ強度が高い新素材「GUMMETAL(ゴムメタル)ワイヤー」が開発されました。このワイヤーの場合はループを挿入する必要がなく、またMEAWと同じくらいの治療効果が期待できます。当院では、これらのワイヤーを使い分けながら治療を行っています。

GUMMETAL(ゴムメタル)ワイヤー(1)

GUMMETAL(ゴムメタル)ワイヤー(2)

GUMMETAL(ゴムメタル)ワイヤー(3)

床矯正装置

床矯正装置

拡大床

永久歯がまだ生え揃っていないお子様に対して使用する装置で、数本の歯を動かしたり歯列全体の横幅を広めたりします。

バイトプレート

混合歯列期の咬み合わせが深い方の治療に使われます。前歯を顎骨に押し戻す圧力をかけることで、上下の咬み合わせの高さをアップさせることができます。

オーバーレイ

オーバーレイ

ヘッドギア

プラスチックや金属の被せ物を動かしたい歯に取り付け、下顎を正しい場所に移動させることにより正常な顎の発育を促進するという治療法です。

ヘッドギア

主にお子様の頭部に取り付けるための矯正装置です。歯並び全体を後ろの方へと動かすことにより、出っ歯を改善していきます。

インビザライン

インビザライン

インビザラインRシステムは、最新の歯科矯正理論と、米国アライン・テクノロジー社独自の3次元画像化技術やCAD/CAM(光造形)等の最先端技術を融合させた、新しいアプローチの歯科矯正治療システムです。
全世界で140万人以上の患者さんの治療に使用されている透明な”マウスピース”のような矯正装置であり、ワイヤーを使用しないため、付けているのがほとんどわかりません。
また、普通に食事や会話ができ、喋りやすく、痛みがほとんどありません。通院回数も少なくて済みます。

次は矯正治療の流れを見ていきましょう

  • ページの上部に戻る