TOP > お子様の矯正治療について

大切なお子様の歯を守るための矯正治療

大切なお子様の歯を守るための矯正治療

お子様の乳歯や生え替わったばかりの永久歯を見て、歯並びの乱れに悩まされている親御さんはたくさんいらっしゃいます。
矯正治療は歯並びだけの問題や、お顔の骨格的なバランスも重要となってきます。

骨格的なバランスは上下顎骨の成長が大きく関係しております。お子様の矯正治療では、上下顎骨の成長方向の誘導や、下顎の位置をコントロールすることが重要となります。成長を利用した矯正を行うことで、将来的に、抜歯や外科矯正をしなければならないリスクを減らすことが可能となります。

矯正治療を開始する時期はケースによって異なるため、6歳臼歯が萌出した段階で、お子様のお口に不安がある親御さんは、まずはお気軽にご相談ください。

お子様のお口を守るのは親御さんです

お子様のお口を守るのは親御さんです

小さなお子様に自分の歯をしっかり管理するように言っても、限界があります。だからこそ、親御さんがしっかりとお子様の歯について目をかけてあげることが大切です。とはいえ、意外と見落としがちになってしまう歯並びの異常。以下ではその歯並びの異常をしらせてくれるサインをいくつかご紹介します。もし、下記のサインがあるようでしたら、早めに矯正歯科への受診をおすすめします。

  • 口呼吸が多い
  • 顔の左右のバランスが整っていな
  • 指しゃぶりやおしゃぶりがやめられ
  • 受け口や出っ歯になっている
  • 歯並びが凹凸している
  • 咬み合わせが深い
  • 歯が生えてこない

大切なお子様の歯を守るための矯正治療

子どもの歯列矯正を始めるのに最適なタイミングとは?

お子様の矯正は永久歯が生え揃う前の小学校1年生くらいが治療を開始するベストタイミングだといわれています。

その時期がもっとも適している理由には……

  • 顎の骨の成長やまだ生えてきていない永久歯の問題を早期に発見して顎が
    正しく成長するよう促すことができる
  • 顎の骨の成長を利用して歯が生えるスペースを作れるので将来の抜歯の可能性が減る
  • 顎の成長を利用するので歯や骨にかかる負荷が少ない
  • 顎の成長する力を利用するのでスピーディーな治療が見込める
  • 簡単な治療で済む
  • 成長期の多感な時期にお口のコンプレックスで悩まなくてよい
  • 成人矯正のための準備が整えられる

といった点が挙げられます。

しかし、歯の生え替わり方は一人ひとり違うので、早ければ早いほどいいというわけではありません。もっとも適したタイミングで治療を開始するためにも、お子様の歯並びが気になっている方は早めに矯正歯科にご相談ください。大泉学園の歯医者「よしかわ矯正歯科」では「6才臼歯と最初の永久歯が生えてきた時期」を目安としていますので、そのタイミングでご来院していただければ、最適な時期を逃すことなく治療を進めることができます。お子様が受け口の場合は、乳歯の段階でご相談ください。

歯は、一生付き合っていく大切な相棒であり、財産です。そして、お子様の歯に関しては、親御さんが普段から目をかけてあげることによって、将来が決まると言っても過言ではありません。もし歯並びが乱れていても、早期に気付いてあげることによってお子様の歯並びは成長過程で矯正していくことが可能です。

逆に、発見が遅れれば遅れるほど時間と費用がかかってしまいます。大切なお子様の健康のためにも、日頃のチェックは丁寧に行ってください。

よしかわ矯正歯科でおこなった矯正治療をご紹介します

成長段階のお子様の歯を守るなら、矯正専門の歯医者さんへよしかわ矯正歯科が、お子様の健やかな成長をサポートします

  • ページの上部に戻る