矯正治療をスムーズに行うために重要なこと

矯正治療

矯正治療中は、歯に矯正装置を装着しているため、歯磨きがしづらくなります。また、装置に汚れが残りやすくなるために、それが原因でむし歯や歯周病になってしまうことも珍しくありません。矯正治療中のメインテナンスが、歯並びがきれいに整ったとき、健康な状態でいられるかどうかを決めることになるのです。

矯正治療の成功のためには、定期的に歯の状態をドクターに見てもらう、いわば「歯の健康診断」を受けることが重要です。よしかわ矯正歯科では、矯正治療中の専門的なメインテナンス、「う蝕原生菌が作る酸の強さ」「唾液中のう蝕原生菌のもつ活動性」「唾液が酸を中和する能力の強さ」等の精密検査も行っています。

口腔内のメインテナンス

BioGaia

BioGaiaむし歯を防ぐため重要なことは日々のブラッシングです。それに加えてBioGaiaを使用することで、むし歯の菌をさらに抑えることができます。
BioGaiaに使用されているL.ロイデリ菌は、ヒト由来の乳酸菌です。この菌は新生児の消化管に最初に定着する菌で、優れた定着性があり、人体に良い影響を与える微生物として望ましい特性をすべて兼ね備えています。そのL.ロイデリ菌を含有した食品がBioGaiaです。

PMTC

PMTCPMTCは歯科衛生士が行う歯のクリーニングです。毎日のブラッシングだけで汚れを完全に落としきることは難しく、ましてや矯正装置を装着していると、磨き残しが起こりやすくなります。そこで、歯科衛生士が専門器具や研磨ペーストを使い、歯と歯の間、歯と歯茎など隅々にいたるまで汚れを落とし、磨き上げていきます。

患者様のブラッシングの仕方や生活習慣などによって状態が変わってきますので、定期的にご来院いただきメインテナンスを受けていただくことで、お口の健康を守ることができます。

矯正治療後もメインテナンスを

歯ブラシ

矯正治療を受けた方に多いのが、歯並びが整ったらそれで安心してしまい、歯科医院に来なくなってしまうというケース。もちろん、治療直後は歯並びも整って万全な状態になっていますが、それがいつまでも続くとは限りません。

毎日しっかり歯磨きをしているつもりでも、ほんのわずかな汚れは必ず口腔内に残ります。その汚れがもとでむし歯や歯周病にかかってしまうと、せっかく矯正した歯がガタガタになってしまったり、抜け落ちてしまったりすることもあるのです。

【バイオフィルムは歯磨きでは除去できない!?】

むし歯菌によってつくられる細菌の膜のことを「バイオフィルム」と言います。このバイオフィルムは通常の歯磨きでは除去できず、専門的な器具を使用しなければ除去できません。いつまでも健康な歯を維持するためには、定期的に歯科医院で処置を受ける必要があるのです。

最良の治療法は「予防」です

最良の治療法は「予防」です

歯が痛くなければ歯医者には行かなくてもいい、とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、むし歯も歯周病も初期症状に痛みはありません。つまり、痛みが出たときには、すでにかなり進行しているのです。

そうした事態を防ぐことができるのが、定期的に通院して受けるメインテナンスです。メインテナンスによってむし歯や歯周病の予防ができるほか、万が一病気にかかっていても早期発見ができるのです。

矯正治療が終わったら、定期的なメインテナンスを。それが生涯にわたって健康なお口を維持するための秘訣です。

成長段階のお子様の歯を守るなら、矯正専門の歯医者さんへよしかわ矯正歯科が、お子様の健やかな成長をサポートします

  • ページの上部に戻る