歯を抜くことなく歯列を整えます

歯を抜くことなく歯列を整えます

歯は1本1本形が異なり、それぞれに役割があります。前歯で食べ物を咬み切り、そのとなりの小臼歯で細かく砕き、大臼歯(奥歯)ですりつぶします。そんな大切な歯はできるだけ抜きたくありません。練馬区大泉学園の歯医者「よしかわ矯正歯科」では非抜歯矯正を基本にして治療を行っています。

歯を抜かない矯正治療について

子どもの非抜歯矯正について

子どもの非抜歯矯正について

日本人の歯並びの乱れのほとんどは、歯がきれいに並ぶだけの顎のスペースが足りないことが原因。これは、現代人の顎の骨が進化の過程で小さくなってしまったこと、やわらかい食べ物が増えたことなどから来ています。歯がきれいに並ばないのででこぼこに生え、乱杭(らんぐい)歯や八重歯などの叢生(そうせい)が起こるのです。歯並びのでこぼこの大小を問わなければ日本人の約4割が歯がきれいに並んでいないともいわれていますが、放っておくと「よくあること」では済まされないほど身体にさまざまな影響を及ぼすので、真剣に向き合わなければなりません。

顎の成長を利用することがポイントです

顎の成長を利用することがポイントです

子どもが成長期にある場合、上下の顎のバランスや健やかな顎の成長を促すことが大切です。そうすれば将来的に歯がきれいに並ぶスペースを確保できるからです。もちろんその際には抜歯をして歯が並ぶスペースをつくる必要はありません。

非抜歯矯正の症例

過蓋咬合・上下顎前歯部叢生
治療期間:約1年半
患者年齢:10代 女性
  • Before Before
  • AfterAfter
解説

咬み合わせが深いうえ、前歯がでこぼこに生えている患者様です。過蓋咬合のために下顎が後方に押し込められていて、奥歯がずれています。また下の前歯が内側に傾斜して、でこぼこに生えています。

治療計画

まず、奥歯の遠心移動を行います。ペンデュラムを約6か月ほど用いました。

次に一度後方に動かした奥歯が、また手前によってこないように、ナンスのホールディングアーチをセットします。続いて、ワイヤーを装着し、歯列全体の遠心移動、側方拡大を行いました。

装置の種類

ペンデュラム、ワイヤー