TOP > 歯を抜かない矯正治療

歯を抜かない矯正治療とは?

練馬区のよしかわ矯正歯科では、親御さんの「子どもの歯を大切にしたい」という気持ちを踏まえ、歯を抜かない「非抜歯矯正」を基本として治療を行っています。矯正治療後は、動かした歯が元の場所に戻ろうとする問題がありますが、非抜歯矯正は咬み合わせを治療できるだけでなく、矯正後に元の歯並びに戻ってしまう可能性も少ないのが特徴です。

非抜歯矯正症例紹介

当医院では現在多くの患者さんが最新式の歯を抜かない矯正治療を行っています。抜かなくても治療ができる可能性が以前と比較して非常に高くなっていますが、現在でも多くの歯医者さんが上下左右1本、計4本の歯を抜歯して治療を行っております。歯並びを治すためになぜ健康な歯を抜かなければならないのか?
多くの患者さんが疑問に感じているのではないでしょうか?
可能な限り健康な歯を失いたくないのは患者さんも私共、よしかわ矯正歯科も同じ気持ちです。

1.抜歯矯正のリスク

1.抜歯矯正のリスク

顎関節症の原因により、数年後に口を開けると痛みが出る場合があります。
歯の本数が減ることにより噛む力が減ってしまう。
小臼歯上下左右4本を抜くとにより前歯が中に入る過ぎ、口元が貧弱になる。
歯列のアーチが小さくなる事による機能障害が発生する事がある。
歯に元の位置に戻ろうとする力が働き、矯正終了後に後戻りすることが多い。
アゴの位置関係が悪くなり、顎関節症の原因となります。
歯列のアーチが小さくなる事による、睡眠時無呼吸症候群が発生する事がある。

1.抜歯矯正のリスク

前歯の歯の軸は適正であり、下顎の誘導は問題なく行われます。

1.抜歯矯正のリスク

小臼歯(4番か5番目の歯)を抜いた場合、前歯の舌側傾斜(内側に倒れむ)を招くことが多く、適切な下顎の誘導を阻害することが多く見受けられます。右図は顎の関節の運動経路ですが、後ろ側に押し込めれてしまいます。このことが、顎関節へ負担をかけ、痛みがでる原因となります。

2.非抜歯矯正とは?

奥歯の歯の位置、下顎の正しい位置関係のコントロールにより治療します。 悪いガタガタな咬み合わせ(乱杭歯)は以下のようにスペースを確保します。

奥歯が近心(手前)に回転しているケース

2.非抜歯矯正とは?

奥歯を後ろ側に移動させることで、スペースを作ることが可能です。

歯全体的に近心(手前)に倒れ込んでいるいるケース

2.非抜歯矯正とは?

歯全体を後ろ側に起こすことでスペースを作ることが可能です。

歯の軸が全体的に舌側に倒れ込んでいるケース

2.非抜歯矯正とは?

歯全体を唇側(ほっぺ側)に起こすことでスペースを作ることが可能です。

このように、一見スペースがない歯並びでも、スペースを作ることは可能です。 また親知らずが生えているケースは、ガタガタな歯並びになる原因、また歯を奥に起こしていく際の障害となるケースが多いため、抜歯することをオススメ致します。
これらの方法を行っても、歯のデコボコが取りきれないと判断された場合、はじめて中間の歯(小臼歯)を抜歯することを考えます。

MEAW法

当院では、歯の見た目だけではなく顎関節への影響も考え、三次元的に歯を動かすことで可能な限り抜歯を防ぐ治療法「MEAW法」を採用しています。

従来の矯正治療では、歯をきれいに並べる事ができないという理由で健康な小臼歯を抜いて歯を並べる方法を採っていました。しかし、その小臼歯には歯を支える骨・上顎と下顎とをつなぐ関節・歯、この3つに加わる力を分散させるという大切な役割があるのです。そのため、小臼歯を抜いたことで顎の関節にトラブルが生じるケースも少なくありませんでした。

そこで咬み合わせを踏まえた上での非抜歯矯正を可能にするために、まだ導入している矯正歯科医が少ない最新の治療法を取り入れることとなりました。それが、オーストリア咬合学を用いた矯正治療である「MEAW法」なのです。

MEAW法のメリット

従来の治療法に比べ、歯を三次元的に移動させることができる治療法、それがMEAW法です。MEAW法ではループ状のワイヤーを使用し、歯がすべて正常に並ぶように顎全体を広げながら、1本1本の歯を前後左右にゆっくりと移動させることができます。そのため、歯を抜かない矯正治療が可能になります。また、すべての歯を同時に移動させられるため、従来の治療法よりも治療期間が短く済みます。

近年では、やわらかくしなやかでありながら、強度の高い「GUMMETAL(ゴムメタル)」という新素材を用いたワイヤーが開発されました。練馬区の矯正歯科である当院では、このワイヤーをMEAW法で使用されるワイヤーと併用し治療を行っています。

矯正治療のすすめ とは?

  • ページの上部に戻る