上下顎前歯部叢生

患者 10代 女性

治療計画

前歯のがたつき、よじれ、また上顎の右側の犬歯が、下の歯と逆に噛んでることを気にされて来院されました。

スペースを作る必要があるため、上下顎の側方拡大と、ディスキング(歯を少し削る)を行いました。

使用装置はインビザラインのみになります。

 

治療期間は7ヶ月になります。ワイヤー矯正よりも、インビザラインによる治療の方が、早いケースもあります。

今回のケースでは、右側の犬歯が全く使えていませんでした。

犬歯が使えていないと、何がいけないのか。ご説明いたします。

人間は食事の際に、無意識下で、顎を上下に動かすだけではなく、左右にも動かして食べ物を噛み砕きます。

上下の歯は正しい噛み合わせの場合、上下の歯が全て当たるようになっています。ところが左右に顎を動かした時には、上下の糸切り歯(犬歯)のみ噛み合って、他の歯は、離開するようになっています(上下の歯同士が当たらない状態)。これを犬歯誘導といます。

そのため、犬歯の根っこは、長く丈夫にできています。なぜ犬歯誘導が必要か。その理由は、奥歯が、横方向に噛む力に対して弱いためです。(縦方向の噛み込む力には強いのですが。。)

横方向に顎を動かした際に、上下の奥歯が過度に当たってしまうと、奥歯の知覚過敏、虫歯、歯の割れ、歯のグラつき、歯槽膿漏、顎関節症などを引き起こす可能性があります。

練馬区西武池袋線大泉学園駅徒歩1分 よしかわ矯正歯科 吉川

 

 

 

一覧に戻る