TOP > 矯正治療のすすめ

矯正治療をおすすめする理由

「矯正治療って、歯並びの見た目を直したい人がやるものでしょ?」

そう思っていませんか? たしかに、歯科矯正は乱れた歯並びを正しい位置に整えるための治療です。しかし、矯正の目的はそれだけではありません。歯並びの見た目に関すること以外にも、さまざまな目的があるのです。

矯正治療で歯並びが改善すると……  
・しっかりと食べ物を噛めるようになる  
・食べ物の消化がよくなり、胃腸の負担が軽減される  
・歯磨きがしやすくなるので、むし歯や歯周病になりにくくなる
・正しい発音・発声がしやすくなる
・咬み合わせがよくなり、お顔全体のバランスが整う
・頭痛や肩凝りなどが解消することがある

矯正治療によって歯並びや咬み合わせがよくなると、お口周りだけでなく、全身の健康にポジティブな影響をもたらします。「食事のときにあまりうまく噛みきれない」「歯と歯の間から空気が漏れて正しく発音しづらい」「肩凝りがひどいけど原因がわからない」などのお悩みは、矯正治療で解消できるかもしれません。当院まで一度ご相談ください。

見えない矯正~矯正器具の見た目が気になる方へ~

invisalign「歯並びは直したいけど、あの目立つ矯正器具を付けるのはちょっと……」

矯正治療は気になっているものの、銀色の矯正器具の見た目が気になるという方は決して少なくないでしょう。営業職、接客業、アナウンサーなど、人前に出る機会が多い方は、特に抵抗を感じているケースが多いようです。

そんな方におすすめしたいのが、“見えない矯正”インビザラインとインコグニートです。

インビザラインの長所

インビザラインは、「アライナー」と呼ばれる着脱可能なマウスピースを用いて行う矯正治療です。透明な装置のため日常生活のなかで装着していても周囲にほとんど気付かれず、食事の際は取り外すことが可能。「装置が目立つのがイヤ」などの理由で矯正治療を敬遠されていた方に最適です。

またワイヤー矯正装置のように、口の中に当たって痛みが生じたり口内炎ができたりすることもないので、違和感や不快感が大幅に軽減されます。装置自体はとても薄く、発音の邪魔にもなりません。装置を取り外して洗浄できるため、衛生的というメリットもあります。

「クリンチェック」でシミュレーション

インビザラインによる治療の前には、3Dコンピュータ画像で治療開始から完了までのシミュレーション「クリンチェック」を行います。患者様ご自身の歯がどのように動いていくのかを3Dアニメーションで確認することが可能です。

インビザラインと他のマウスピース矯正の違い

治療の正確性・再現性

歯科技工士が手作業でマウスピースを作製するため、精度にバラつきが生じやすいのが一般的なマウスピース矯正。しかしインビザラインは、世界各国100万人以上の臨床データをもとに3Dによる高度な治療設計を行うので、高精度なマウスピースを作れます。

来院間隔・期間

インビザラインなら矯正効果を確認するための来院間隔が2~3ヶ月に1回と少なく、先々の予定を立てやすいという特長があります。ですがその他のマウスピース矯正だと、2~4週間に1回は来院しなければならず、しかも来院の都度歯型をとる必要があるので手間がかかってしまいます。

矯正料金

インビザラインは来院間隔が長いこともあり、毎月のチェック料金がかかりません。それに対し、他のマウスピースでは月に1~2度の来院の際に月極め処置料が必要になるケースが多いため、その場合は総支払額が高額になってしまいます。

正確で、簡単で、低価格なインビザライン

患者様の歯型をCTでスキャニングすることにより三次元的にマウスピースを組み立てられるインビザラインは、正確で再現性の高いシステムです。歯型の採得は基本的に初回のみなので、歯形をとるのが苦手な患者様にも安心していただけます。

インコグニートの長所

インコグニートは歯の裏側に用いる舌側矯正のひとつです。患者様の口腔内から採得した模型をスキャンし、CAD/CAMを用いて一つひとつの歯にぴったりなオーダーメイドのブラケットを作製。それを安全性の高い歯科用接着剤で歯に取り付け、精密に屈曲されたアーチワイヤーでつなげることで歯を適切な位置に移動します。

最大の特長は、装着時の違和感がほとんどないこと。また、インコグニートではワイヤーが矯正段階に応じてすでに作製されているため、ワイヤーの調整を行う時間を大幅に短縮できます。さらに金合金を使用することから、金属アレルギーのトラブルもほとんどなし。ブラケットベースと歯との境界部にプラークが付着するおそれのある空間がないので、矯正治療中のむし歯リスクを高めることもありません。

インコグニートと他の舌側矯正の違い

インコグニートは裏側に装着する矯正装置のなかでは、もっとも違和感が少ない装置のひとつです。歯の裏側は表側と違って形が複雑。そのため、従来の舌側矯正では装置の厚みを個々の歯で変化させないと、まっすぐに装着できないという問題がありました。

インコグニートはCAD/CAMシステムにより、患者様に合わせた非常に薄いブラケットと歯の形に沿って複雑に屈曲されたワイヤー(手で曲げることは不可能です)を作製することで、違和感の非常に少ない矯正を実現しています。

  • ページの上部に戻る