TOP > いろいろな歯並びと治療

乱れた歯並びの種類とそのリスク

歯並びが乱れていると、見た目に問題が出るだけでなく、さまざまな部分で悪影響が出てきてしまいます。

  • むし歯や歯周病になりやすくなる。
  • 噛む時のバランスが悪くなってしまう。
  • 筋肉の歪みから姿勢が悪くなることがある。
  • ハッキリと発音できなくなることがある。
  • 口元の見た目がコンプレックスになる。
  • 歯の怪我や口元の怪我の原因になりやすい。

このような悪影響を解消するためにも、早めの矯正治療が必要なのです。歯並びの乱れはお口だけでなく、体全体に影響を与えることもあります。ご自身の健康を守り、維持するためにも、乱れた歯並びは矯正治療で治しましょう。

歯並びの乱れの例

乱杭歯

乱杭歯

正しい場所に歯が生えていないため、歯が前後に重なるうようにして生えたり歯列から外れた場所に生えたりしている状態。

リスクとしては、歯磨きできちんと汚れを落としきることが難しいため、むし歯や歯周病になりやすいことと、成長に伴い顎に痛みを感じる恐れがあることが挙げられます。

開咬

開咬

前歯だけが咬み合わずに、口が少し開いた状態になっている状態です。この場合、奥歯はしっかりと咬み合っていますから、おのずと奥歯ばかりを使って噛むことが増えてしまいます。

その結果、奥歯や顎に大きな負担がかかり、顎関節症になりやすくなってしまいます。

出っ歯

出っ歯

下の歯よりも上の歯の方が前へ出ている状態を指します。出っ歯を放置していると、前歯が乾きがちになったりむし歯や歯周病になりやすくなったりします。また、口呼吸の癖がつく確率も高まるため、早めの治療が必要です。

受け口

受け口

本来、上の歯は下の歯の上に被さっているのですが、受け口の場合はそれが通常の逆になっています。人によっては受け口であることにコンプレックスを持ったり、また成長に伴い顎に痛みを感じたりします。

歯並びが乱れる原因は?

歯並びの乱れは、後天的に発生することも珍しくありません。歯並びが乱れる原因を確認して、現在の生活で改善できることは改善しましょう。

では、どういったことが原因で歯並びが乱れるのでしょうか?

  • ページの上部に戻る