MFT(口腔筋機能療法)とは|「非抜歯」が基本の練馬区大泉学園の歯医者「よしかわ矯正歯科」のWebサイトです

03-3924-9191

診療時間 平日 11:00~13:00 / 14:30~20:00
土日 9:00~12:00 / 13:00~17:30

休診日 月曜・木曜・祝日

TEL

MENU

MFT(口腔筋機能療法)とは

  • Home
  • MFT(口腔筋機能療法)とは

歯並びを悪くするお口の癖を改善するトレーニング
MFT

歯並びを悪くするお口の癖を改善するトレーニング

歯並びや咬み合わせが乱れてしまう原因は、遺伝的な問題だけではなく生活習慣や癖なども大きく関係しています。大泉学園駅から徒歩1分、練馬区東大泉のよしかわ矯正歯科では、口腔筋機能療法(MFT)というトレーニングを採用し、生活習慣や癖などによって歯並びや咬み合わせが乱れてしまうリスクを抑えています。

こちらのページでは、歯並びや咬み合わせの乱れに関わる生活習慣や癖について、当院が行っている口腔筋機能療法(MFT)についてご紹介します。

歯並び・咬み合わせを悪くする生活習慣や癖

以下の項目をさっそくチェックしてみましょう。2つ以上あてはまる項目があるなら、歯並び・咬み合わせを悪くする癖があると言えます。

  • 口をポカンと開けていることが多い
  • 無意識だと舌が前に出ている、もしくは下の前歯に触れている
  • 食べこぼしが多い
  • クチャクチャ音を立てて食べる
  • 食事に時間がかかる
  • あまりよく噛んで食べない
  • 硬い食べ物が苦手
  • 発音が気になる(タ・サ・カ・ラ行など)
  • 指しゃぶりをしている
  • ほおづえをつく
  • 猫背である
  • 口呼吸をしている

上記の中でも特に気をつけたいのが、口をポカーンと開けて舌が出ている、舌が歯に触れているといった「舌癖」です。矯正治療中に舌癖が見られると、歯に偏った圧力がかかることで歯の移動が上手くいかなかったり、治療後に後戻りしてしまったりするケースがあります。そのため、矯正治療をスムーズに進めるためにも、癖はしっかり改善しておくことが大切です

口腔内での舌の正しい位置

リラックスした状態の時、舌はどの位置にありますか? 舌の先が上の前歯の1cmくらい内側の場所が正しい舌のポジションです。この場所を「スポット」と言います。舌がスポットの位置になく歯に当たる位置にあると、歯が生えるのが妨げられたリ、歯並びや咬み合わせが乱れる原因となります。また、舌の位置を改善すると歯並びも自然に整ってくることがあります。

お口の癖を改善する口腔筋機能療法「MFT」とは?

口腔筋機能療法「MFT」(Oral Myofunctional Therapy)とは、食べる(咀嚼)時、飲む(嚥下)時、発音時、呼吸時の舌や口唇の位置の改善を目的とした各種トレーニングです。MFTを継続して行うことで口腔周囲の筋肉バランスを整え、癖を直すことができます。特に指しゃぶりと舌癖は、MFTでの症状改善が大きく期待できます。

当院では、矯正治療のスムーズな進行と、矯正治療後の後戻りの防止を目的として、 MFTを積極的に取り入れています。MFTはやり方さえ覚えれば、テレビを見ながらでもできるほど簡単なものです。トレーニングを覚えて、毎日習慣化しましょう。

MFTのメリット

MFTのメリット

  • スケジュール通りに矯正治療を進めることができる
  • 矯正治療の効果を維持できる
  • 表情筋が鍛えられ、自然で素敵な笑顔になる
  • 食べ方がきれいになる
  • 発音が改善する
  • 正しい機能を身につけることで正しい発育が期待できる

舌癖を治すトレーニング一例 
実際のMFTのいろいろ

以下は、当院でよく行っているMFTの一例です。

ポッピング

    MFTのメリット

  • 舌先をスポットにつけて、舌全体を口蓋に持ち上げる。
  • 口を大きく開け、舌正体をできるだけ伸ばす。
  • 舌で口蓋をはじくようにし、「ポンッ」と音を鳴らす。
スラープスワロー

MFTのメリット

  • 舌全体を口蓋に持ち上げた状態で、奥歯を咬み合わせる。
  • 口の横からスプレーの水を口蓋に当てるように入れる。
  • 奥歯を咬み合わせたまま思いきり吸い込んで飲み込む。飲み込むときも、舌はスポットから離さない!
ポスチャー
  • 舌先をスポットにつけて、奥歯の上にストローを置く。
  • ストローを奥歯で咬み、口を閉じる。これを5~30分ほど続ける。

ご自宅でも気をつけたい習慣

ご自宅でも気をつけたい習慣

  • 口を閉じて鼻で息をする習慣をつけましょう
  • 口を閉じた状態の時には、上下の歯はほんの少し離しておきましょう
  • 食事をする時には首をまっすぐにして口を閉じ、左右の奥歯でバランスよく咬みましょう
  • 姿勢をまっすぐに整えましょう
  • うつぶせ寝ではなく、仰向け寝にしましょう

好ましくない癖があると、矯正治療がスムーズに進まなかったり戻ってしまったりする可能性が高くなります。癖は年齢が大きくなればなるほど治すのが難しくなります。知らず知らずのうちに変な癖をつけないためにも、小さな頃から適切なトレーニングを行うのが理想です。

to top