上顎前歯部唇側傾斜(出っ歯)・叢生(凸凹)

患者 10代 女性

治療計画

かなり上顎の前歯が前方に傾斜していました。

また、上下顎共に、歯の凸凹が多くある状態です。

 

この前歯の前方傾斜と凸凹を改善する為には、かなりのスペースを必要とします。当医院では、なるべく中間の歯(小臼歯)抜歯をしない方針なのですが、今回のケースでは小臼歯の抜歯+大臼歯の遠心移動(後方への移動)によりスペースを作っていくことにしました。

中間の歯を抜歯しただけですと、前歯の凸凹は改善されますが、前方傾斜が改善されず、上の前歯と下の前歯の噛み合わせを作れません。

使用装置

・マルチブラケット装置(ワイヤー)

・カリエールディスタライザー(奥歯を後方に移動させる装置)

 

治療期間

・1年10ヶ月

 

初診時では前歯が前方にかなり傾斜していたため、お口を閉じた時に、顎に梅干しシワができていました。

下顎が後退しているまたは出っ歯の方は、お口を閉鎖するのが困難となります。

お口を閉じることができないと、口呼吸となりやすくなります。

 

口を閉じようとすると下唇は上に引き上げられます。この時オトガイ筋という顎に付いている筋肉が収縮することが必要です。お口を閉じることが困難な方は、下唇を引き上げる程度が大きくなります。その結果、過度にオトガイ筋の緊張が起こり、下顎に梅干し様のしわが認められるようになります。

 

今回は、上顎前歯の前突の解消と、上顎アーチフォームを拡大したことで、下顎位が少し前方に適応したため、梅干し顎や、横顔のプロファイルの改善に成功しました。

 

練馬区西武池袋線大泉学園駅徒歩1分 よしかわ矯正歯科 院長 吉川

一覧に戻る