過蓋咬合・上下顎前歯部叢生

患者 10代 女性

治療計画

深い噛み合わせと、前歯の凸凹を気にされていた患者様になります。

噛み合わせが、深いために下顎が後方に押し込められているケースになります。奥歯のズレもみられます。

また、下の前歯は噛み合わせが深いために、歯が舌側に傾斜し、凸凹となっていました。

1.まず噛み合わせの高さのコントロールから始めます。今回はバイトプ    レートという取り外しタイプの装置を用いました。

2.噛み合わせの高さがコントロールされたことで、押し込められていた     下顎が前方に適応してきます。その結果、奥歯の関係のズレもなくな     りました。また、下顎前歯の凸凹も、自然にほぐれてきます。

3.最後にワイヤーにより、凸凹を改善し、終了となります。

バイトプレートは、噛み合わせの高さをコントロールするために有効で、また、上顎に装着する装置で取り外しが可能です。

装着すると、装置の平面と下顎前歯が接触しますが、上下の奥歯は離開し、全く咬み合わない状態になります。歯というものは、咬んでいない場合、咬み合う歯を求めてのび出てくる性質があることと、下の前歯も圧下されます。このことを利用して治療します。ワイヤーのみで治療するよりも、治療期間も短くすみます。

今回のケースでは、バイトプレート装着期間約5ヶ月、ワイヤー装着期間約9ヶ月でした。

練馬区西武池袋線大泉学園徒歩1分よしかわ矯正歯科 吉川

一覧に戻る