【中学生女子】上顎前歯部がたがた歯の矯正歯科治療

【患者】10代 女子

【費用】矯正装置料84万円+処置料6000円/回

   インビザライン(マウスピース矯正)

【期間】1年2カ月

【治療計画】

上顎の前歯の凸凹を改善するために、スペースが必要となります。

  • 奥歯の後方への移動(遠心移動)
  • 歯列弓(歯のアーチ)の拡大
  • ディスキング(歯を少し削合)   

を行いました。

今回のケースはインビザラインで治療いたしました。インビザラインの場合は、奥歯を後方に下げることも単独で可能となります。

ワイヤー矯正の場合は、補助的な装置を用いることがよくあります。

取り外しが可能な装置ですと、ヘッドギア。固定式の装置ですと、GMDやペンデュラムがあります。

インビザライン(マウスピース矯正)の良い所は、インビザライン単体で奥歯を下げれるところです。特に下の歯は補助的な装置がリップバンパーという装置しかないため、なかなか苦労します。

インビザラインはそういった面で、画期的な装置であると言えます。

ワイヤー矯正で得意な部分、マウスピース矯正が得意な部分があるため、色々な装置の特性を理解して使用することが重要だと思います。

どの装置がベストかは、ドクターとよく相談して決めることをお勧めいたします。

練馬区大泉学園徒歩一分よしかわ矯正歯科 院長 吉川剛太

一覧に戻る