【30代女性】開口・下顎のずれ・がたがた歯の矯正歯科治療

【患者】30代 女性

【費用】矯正装置料78万円+処置料6000円/回

    マルチブラケット装置(ワイヤー矯正)

【期間】1年6か月

 

【治療計画】

まず、このケースは、奥歯の強い当たり(干渉)が原因で、お口が開いた状態でした。

特に、左奥歯が干渉し、そこで歯が当たってしまい、噛みこむことができませんでした。

そこで、奥歯の干渉を取るために、ワイヤー矯正にて下顎の歯列全体を奥に歯を起こし(アップライト)、下顎の位置がどうなるか様子をみました。

奥歯の強い当たりがなくなり、左右の噛み合わせの高さが均等になると、下顎の位置が、だんだん左から右に合ってきました。

若干まだ、正中はずれていますが、噛みこむようになりました。

 

今回のケースのように、外科矯正(下顎や上顎を外科手術で切除し、骨格的バランスを改善する方法)を行なわずに顎のずれを改善できましたが、ケースによっては、外科矯正が必要なこともあります。

練馬区西武池袋線大泉学園駅徒歩1分 よしかわ矯正歯科 吉川

一覧に戻る