【中学生 女子】上下顎前歯の凸凹の矯正歯科治療

【患者】10代 女子

【費用】矯正装置料74万円+処置料6000円/回

    マルチブラケット装置(ワイヤー矯正)

【期間】2年6か月

【治療計画】

上下顎の前歯の叢生(凸凹歯)のケース

永久歯のはえるスペースが不足しているため、スペースを作っていかなければなりません。

スペースを作る方法としては

・歯のアーチ(幅)の拡大

・奥歯(大臼歯)の後方への移動(遠心移動)

を行いました。その後、マルチブラケット装置(ワイヤー矯正)にて、歯を並べていきます。

奥歯を後方に移動するやり方は、何種類かあります。私がよく用いる装置は、

・GMD

・ペンデュラム

・ヘッドギア

・カリエールディスタライザー

・インビザライン(マウスピース矯正)

になります。それぞれの装置に特徴があります。

患者様自身が取り外せないものや、外せるもの、矯正用のゴムを併用するものなど様々です。

また、こういったケースにこの装置が適している!と、各装置にも特徴があります。

どの装置でも選択できる患者様もいれば、この装置でないと難しいという方もいます。

ドクターとよく相談しながら、使用装置の選択をしましょう。

練馬区大泉学園徒歩1分 よしかわ矯正歯科 吉川

一覧に戻る