【高校生 女子】がたがた歯の矯正歯科治療

【患者】10代 女子

【費用】矯正装置料63万円+処置料6000円/回

    マルチブラケット装置(ワイヤー矯正)

【期間】2年4か月

治療計画

上下顎の前歯が凸凹歯なので、スペースをどう作るかがポイントになります。

中間の歯(小臼歯)抜歯をしない場合は、歯のアーチを拡大、奥歯の後方への移動、歯を少しだけ削合を行います。

ただ色々な条件があるので、これらの方法でスペース作りを行えない患者様もいらっしゃいます。

その場合は、小臼歯抜歯を考えます。

この患者様は小臼歯抜歯をおこないました。

抜歯をし、スペースを作ったのちに、ワイヤーによる矯正治療を開始しました。

 

 

同じようなケースでも、抜かずに治療可能な場合もあれば、抜く必要がある場合もあります。

その判断をするために、精密検査があります。

精密検査の内容は、歯のレントゲン、横顔のレントゲン、正面のお顔のレントゲン、歯や顎の大きさの計測、舌の癖や飲み込む動作の確認、発音、気道、顎関節などたくさん検査項目があります。

その検査結果をもとに、診断を致します。

当医院では、可能な限り、小臼歯抜歯はしないのですが、今回は抜歯ケースのお話でした。

練馬区大泉学園駅徒歩一分 よしかわ矯正歯科 院長 吉川

一覧に戻る