【30代 男性】前歯のがたがた歯の矯正歯科治療

【患者】30代 男性

【費用】矯正装置料84万円+処置料6000円/回

    インビザライン(マウスピース矯正)

【期間】2年

【治療計画】

上下顎の前歯の凸凹(叢生)が気になるということで来院されました。

まず、前歯の凸凹を改善するためには、スペースがないと並べられません。

今回のケースでは、上下顎共に、奥歯(大臼歯部)の後方への移動(遠心移動)と、ディスキング(歯を削合)によりスペースを作りました。スペースが作られたら、前歯の凸凹を改善しました。

インビザラインは、ワイヤーと異なり、奥歯の後方への移動も行いやすい装置になります。ワイヤーの場合は、別の装置が必要になることが多いです。患者様のご要望の目立ちにくい装置と、治療のケース的にもインビザラインが最適でありました。

 

今回のケースでは、中間の歯(小臼歯)の抜歯を行わずとも、治療がうまくいきましたが、ケースによっては、奥歯の後方移動ができない患者様もいらっしゃいます。

その判断は、精密検査の結果によりドクターから説明をします。

どんなケースでも、まず矯正治療を行う場合にはレントゲンの分析や模型分析etcが必須になります。

 

練馬区大泉学園徒歩1分よしかわ矯正歯科

院長 吉川 剛太

一覧に戻る