【中学生男子】受け口・下あごのずれの矯正歯科治療

【患者】10代 中学生

【費用】矯正装置料63万円+処置料6000円/回

    マルチブラケット装置(ワイヤー矯正)

【期間】2年

【治療計画】

上下顎の前歯の凸凹(叢生)、前歯の反対咬合、顎がずれているとのことで、来院された患者様です。

今回のケースでは、もともと上の5番目の小臼歯が先天的に欠損していたため、下の小臼歯も2本抜歯し、つじつまを合わせました。下の前歯は、反対に噛んでいるため、内側(舌側)に移動させなければなりません。そのためのスペースにも抜歯は必要でした。

上顎の奥歯(大臼歯部)の後方への移動(遠心移動)によりスペースを作りました。スペースが作られたら、前歯の凸凹を改善しました。

下顎が左にずれていましたが、この原因としては、上顎の歯のアーチが狭い、噛み合わせの高さの左右差があるためでしたので、かみ合わせを整えることで自然に顎の位置はあってきました。

 

 

 

 

一覧に戻る