下顎後退位・過蓋咬合

患者 小学生 男子

治療計画

初診の時点では、乳歯が残っていました。

この段階で重要なのは、歯並びを改善することではありません。

まずは、骨格的なバランスを整えることが重要です。

上の前歯が目立っており、出っ歯のように見えますが、視覚的にそう見えるだけで、実際は分析してみると出っ歯ではありません。このケースでは、下の歯が見えないほど、かみ合わせが深く、下顎が後退していました。

よって、まず深いかみ合わせの改善と、下顎位の後退をコントロールすることから始めます。

骨格的なバランスが整い次第、ワイヤーを用いて細かい噛み合わせを整えていきます。

二期の大人の矯正が終了した写真になります。

奥歯の位置関係も整い、下顎が前方に適応しました。

このように、矯正治療は歯並びだけの問題ではなく、骨格的なバランスも整えることが重要となります。

練馬区西武池袋線大泉学園駅徒歩一分

よしかわ矯正歯科 院長 吉川

一覧に戻る