【中学生男子】出っ歯の矯正歯科治療

【患者】中学生 男子

【費用】第1期小児矯正装置料35万円

    第2期成人矯正装置料28万円+処置料6000円/回

    マルチブラケット装置(ワイヤー矯正)

【期間】1年8か月

【治療計画】

・過蓋咬合(かみ合わせが深い)

・下顎が後退している

・上顎前歯が前にでている

噛み合わせが深いため、下あごが後方に押し込められている状態です。上の前歯は唇側に出ており、出っ歯の状態です。

下顎が後方に下がっていると、顎の関節に痛みが出たり、気道が狭くなったりすることがあります。

使用装置としましては、

・バイトプレートという装置でかみ合わせの高さをコントロール

・ヘッドギアにて奥歯の後方への移動を行い、上の前歯を改善するスペースの確保

・その後、マルチブラケット装置にて細かい、かみ合わせの改善

治療期間はトータル1年8か月になります。

このようなケースで、中間の歯を抜歯して治療しようとすると、咬み合わせがさらに深くなりやすくなります。

練馬区西武池袋線大泉学園駅徒歩1分よしかわ矯正歯科 院長吉川

一覧に戻る