下顎前歯部叢生(凸凹歯)

患者 20代 女性

治療計画

下の前歯に叢生(凸凹)がかなり認められました。

インビザラインによるマウスピース矯正にて、コントロールしました。

治療期間 1年1ケ月

噛み合わせが深い(過蓋咬合)のため、下の前歯が内側に傾斜して、叢生ができている状態でした。このようなケースは、単純に歯の凸凹を改善しただけですと、すぐに装置をはずすと凸凹歯に後戻りしてしまうことが多くあります。

そのため、噛み合わせの高さを挙上しながら、凸凹を改善していく必要があります。

また、過蓋咬合は、下顎の自由運動領域が少なくなり、下顎が後方に後退する傾向にあります。下顎が前歯によって後ろに押し込められて、顎の関節が後ろの骨に圧迫され、痛みがでたり、音がカクカクなるなどの症状が出ることがあります。

歯並びは、歯だけの問題ではなく、顎の位置関係も重要です。

この様に、噛み合わせの挙上が必要となるケースは多いのです。

 

練馬区西武池袋線大泉学園駅徒歩1分 よしかわ矯正歯科 院長吉川

一覧に戻る